土曜日の夕方に家を出て一路高知県宿毛市行き。
今回も沖ノ島で2日釣りです。
途中の南国サービスエリアで夕食をとり9時ごろには着いたでしょうか?。
今日は車中泊と決め込んでいたので、車の中に布団を敷いて寝ていたら川田会員と川村会員に起こされる。
彼らもクエ釣りで鵜来行きです。
しばらく話をしていて、お互いに頑張ろうと声を掛けて別れた後爆睡。
気が付いたら朝の4時、急いで支度をして簡単な朝食をとり船に乗り込みました。

今日は大会組が居て船の中は満員御礼~・・・おそらく30人くらい居たでしょう~?。
島一渡船さんの廻りはノコ廻りで、ノコ3番から大会組を下ろして、私はヌクモリバエを狙っていたが上物の大会組が2人降りるとの事でカガリバに下りる事にする。
クエ釣りで如何してヌクモリと云うと、最近上物で釣ったグレをクエが浮いて来て取られているという話を聞いたからです。
ヌクモリもカガリバも同じ様な物、ここら辺りをウロウロしているからどちらで釣れるかは分りません。

大会の上物組3人と一緒に上がって、私は石鯛釣りで此処に上がった時にいつも竿を出している場所に陣取ってアンカー打ち・・・上物さんにはちょっと気の毒な感じがしたが仕方が無いわ~~。
何時間か経った8時過ぎにラインがピコン~、河村さんが大きいバラハタの様な物を釣ったとの事!。
また何分後にラインがピコン~、川田さんが1m位のクエを釣ったとの事~!。
両方とも写真入りです~。



834770f9.jpg


810ebfcd.jpg



そんな時に此方はウツボとの戦い真っ最中です(汗)。
ウツボ退治合計8本、どれもこれも大物で、岩に叩き付ける事4~5回、頭を砕いて鈎はずし(汗)。
根に持ち込まれる事2回、如何しても出て来なくて根掛かり同然です。
ディープシャークで切って仕掛け賃約2000円の損害です。
そんな時に京極の殿さんから電話~!
殿「どんなんや~?」
私「ウツボの猛襲にあっている~」
殿「ウツボを持って帰ってくれ~」
私「嫌や~、気持ち悪くてよう掴まんのや~」
「困った人やの~」・・・ガチャン。

餌の付け替え、サバのブツ切りの撒き餌の繰り返しで10時過ぎだったでしょうか?。
竿が一気に舞い込みました~(^_^)。
すかさず糸の引き抜きで、手に感じたのはさほど大きくないな~でした。
何回かの引き抜きで上がって来たのはガッバ~っと口を開けたクエ。
頃合いを見はかなって竿を立てて道糸を掴んで、さて何処からギャフを掛けようかと思ったが場所が無いです。
横の傾斜を滑りながら下りてギヤフ掛けしたら、上がる時に滑って上がれない事に成る。
上物さんに上がるのを手伝ってもらうのもシャクだから、道糸を握ってからしばらく考えて、結論は道糸だけで横の前かがみの傾斜を越えて船着けの横の低い所から取り込む事にする。
岩肌に道糸が擦れるが気にせず引っ張って行き、段差を飛んでロープの有る降りる場所まで行ってロープ伝いに下りて引っ張り上げる。
こんな事が有るからナイロンの道糸は使いません・・・もっぱらシーハンターのみ使っているのが正解の様な気もする(^_^)。
上に引き上げて測ると1mの真クエで一寸小型だが喰い頃だ(^_^)。
即、出刃包丁で刺して〆て鰓を切って血抜き。
その後もウツボとの戦いで午後2時前には餌切れとなりました。


176ca6fb.jpg


12341214_1493266984311881_757908676

今回の釣果は私が1mのクエ、川田会員が1m一寸のクエ、川村会員は赤い奴を捨てたそうです(正解かも知れません)。

植田相談役は今年は釣れん~~っと諦めムードです。 ・・・明日に続く