朝から悲報が入ってきました(涙)。
今日も我がクラブ員が寒風を突いて鵜来のマルサゲに上がっていました。
クエの姿は見えず、直径1m位の丸エイ(マンダラエイと思う)が喰らい付いて竿が
ボッキ~ン
(大涙)。
普通、Mクラスのクエ竿でも100Kg位のエイがガンガン引っ張っても折れる事はありません。

以前にヒトツバエで100Kg弱と思われるエイが、ガンガンに締めていたドラッグを滑らせて50m位道糸を引き出していたのを、竿がミシミシ云う位道糸を引き抜いた時が有ったが、竿が斜めにねじれたように曲がっていても折れなかったです~・・・クエ竿はそれほど強いものです。

同じく我がクラブの白川会員は、ダイコーのFFクエの4mのMクラスの竿で150Kg超えのエイを掛けて3人がかりで手繰り寄せ、太さ12mmのフライングギャフでかけて取り込んだ時には、ギャフが伸びたけど竿はグリップの黒いカバーが剥げただけだった・・・クエ竿はそれほど強いものです。

そんなエイは道糸を切って逃がせ~~・・・怪我するぞ~(爆)。


1d07db11.jpg


94fb2717.jpg