相談役が来たので、8時に丸亀を出発して善通寺インターから高速に乗りました。
何時もは南国インターで休憩を取って走るのだが、他のメンバーは落ち合い場所の近くまで行っているとの事で寄らずに走る。
窪川のマルナカ釣具店で徳島の川田さん、稲沢さん、兵庫の富田さんと落ち合って一路宿毛に向け走る。
11時半頃に着いて、まずは腹ごしらえ・・・何時もの『かつ村』で昼食を取り、マーケットで飲み物と晩飯などを買って渡船乗り場着。

2時ごろに相談役が注文していたエサのサバを仲買い人さんが持って来てくれ30cm強のサバ50Kgが届く。
数にして一人36本ずつで2400円支払い~、1匹66円ですわ~・・・安い~(^_^)。

昼釣り客を乗せて島一渡船が帰って来ました。
底物客の釣果を見ると小さいイシガキダイを釣っていました。
道具を渡船に積み込んだ時点で一汗掻いて・・・あぁ~~しんどいわ~(汗)。
3時ごろには出港したかな?。
エアコンの効いた船室よりデッキの方が風を受けて気持ちが良いのでデッキに座って約30分、二並まで来ると下り潮が川の様に流れているのが分かります!。

私たちクエ釣りは5名、イサギ釣りの客は6名で、島一さんの常連客の年金磯釣り師のブログ↓

http://nenkiniso.blog.fc2.com/ の管理人、仕掛人さん達4名はスーパー堤防へ渡礁で、なくて上がりました。
もう一人の常連客、愛媛の御仁さんは宮ノ下の小島、知らない人が宮ノ下と渡礁して、ノコ3番に稲沢さん、ノコホンドコに川田さん、真ん中の高い所に相談役が渡礁して、荷物を降ろすのに汗ビッショリの濡れ鼠に成りましたわ~(大汗)。

私と富田さんはムロバエに渡礁。
船長から西の船着けは被っていると聞いていたので、富田さんと上がる所を相談。
富田さんは北の船着けを希望したので濡れる覚悟で西の船着けに上がる事にする。
それにしても10月というのに暑い日で荷上げだけで汗だくです。
飛沫が飛んでくるのでいち早く高い所に荷物を上げ道具の準備をしていると、しばらく船長が波の様子を見て沖で待機していて、一言「気を付けてやってよ~」っと声をかけて行きました(^_^)。

準備をして板バネをセットして居る時点でドブ~~ンザブ~~ンで濡れネズミのドブネズミに成りましたわ~。
竿のセットも出来て餌を付けて第1投までに何回被った事でしょう~、金玉の裏までビショ濡れです~。
此れから、まだ潮が上がって来るのに如何にも成りません。
ここは無理をせず引きに掛かって落ち着くまで待ちです。
濡れたままで夜を迎えて風でも吹くとやれません。
シャツとズボン、靴下も脱いでパンツ1枚に成って干します。
靴の中まで海水が溜まっています~・・・長靴を履いてきたら良かったな~(-_-)。

4b6e1386.jpg


パンツ1枚で釣るのは余りにも危険なので合羽のズボンを穿いて、上は裸の上からライフジャケットを着て過ごす・・・最初から合羽を着ていたら良かったと今気付く(爆)。

暗くなって早速ウツボの当たりが出だしだす。
しかし、余りにも小さいので鈎に乗りません。
トラウツボの大きいのが掛かればタタキ用に確保するのだが、最低でも腕の太さくらいは要ります。
相変わらず小さいウツボの当たりの繰り返し。
1回だけ小増しなのが来たが、鈎に掛からずワイヤーをクルクリ巻にして絡んでいたのか逃げました・・・ウツボを狙っていたのでイカンわ~(爆)。

夜中の0時頃に服の乾き具合をみると何とか着れそう~・・・しかし、潮を被った物なので気持ちが悪いです。
潮も干潮時なので本格的にエサの付け替え、取り換えたエサをブツ切りにして撒き餌の繰り返しで時間だけ過ぎて行きます。
潮が低くなっても若干の飛沫は飛んできますので、服を着てその上から合羽を羽織っているが暑い事暑い事。
竿をセットしている所に下りて行く時だけ合羽を着たり脱いだりで邪魔くさいですわ~(汗)。

そんなこんなで時間が過ぎて、4時前だったでしょうか?。
高い所で穂先を見ていると、3~4回竿が上下したとたんに舞い込みました~!。
何か変な当たりやと思いながら竿まで行ったが、やっぱりエイらしく竿が横にひん曲がって引っ張られている~・・・エイ間違いなし~(大涙)。
道糸を引き抜きにかかると案外大きいと分かって、座り込んで道糸を引き抜く。
しかし、真下に竿が突っ込むのは気にしないが、横にねじれたように曲がるのは気持ちが悪いわ~(大汗)。
何とか竿下まで引き寄せて推定100Kg位かな?、穂先から1~2m位の所で道糸をリールの外枠にトックリ巻きにして殺してカッターを取りに行く。
リールの上で道糸をカットして放流。
道糸7m位と仕掛けの損害~(涙)。

時間を見ると4時半を過ぎています。
今更仕掛けを付けて放り込んでも、すぐに仕舞をしなければいけない時間に成ります。
みんなに撃沈報告をして、引き抜いた糸をリールに巻き込んで終了です~~。


bcf385f3.jpg

道具の片付けが済んで広瀬港の方を見ると、丁度旭洋丸が港から出て行くところです(^_^)。
宮ノ下の愛媛の御仁たちを乗せてノコ廻りへ行っています。
船着けの前に道具を置いて迎えを迎えて・・・撃沈~~(涙)。

スーパー堤防の仕掛人さん達は皆さんイサギが40Lクーラーいっぱいでした(^_^)。