シマノの磯靴を履いているのですがフエルトが薄くなってもう限界です。
最初付いていたのは、フエルトにワイヤーピンが付いていた物ですが、船の中でガチャガチャと感じが悪いのです。
そこでフエルトだけの物を使っていました。
しかし、余りにも薄くなって靴本体のゴムが傷みそうになりました(汗)。

c2d35cd2.jpg


宣伝によると、フエルトにピンと吸着ゴムが付いて滑りにくいとの宣伝文句で買って付け替えたが、以前にムロバエの西の船着けに上がった時に滑ってスッテンコロリン~スッテンコロリン~・・・立って居れなくて這いつくばった時が有ります~(大汗の大涙)。

昭和40年代か50年代だったらピン付きの磯足袋が絶好調だったが、当時は磯の岩がザラザラで尖っていたが、今は擦ってツルツルに成っています。
こんな所でピンを付けていると滑るのは当たり前~(涙)。
吸着ゴムもフエルトがこすれて薄く成ったら効果無しです。
考えてみたら吸着ゴムのところが突起物に成って、地面との接触面積が少なくなって尚更滑るようになります。
私が滑っているのを見て相談役曰く「メーカーは人殺しの様なものを作るんやの~、一寸いろいろな場所へ穿いて行って研究をせい~」
・・・その通り。

フエルトを新しく買おうかと思ったが、使わなくて置いていたフエルト、ピン、吸着ゴム付きソールの加工をしました。

7799fe83.jpg


まず考えたのはピンを除けたら如何なるかです。
ペンチで摘まんでこねると抜けました(^_^)。
右左のソールに付いているピンを全部抜きました(^_^)。

9ab0c798.jpg

5811711d.jpg


しかし、吸着ゴムは如何したもんかの~~(-_-)。